お山の色々 草木染 和mi

日々のこと

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

草木染めあそび ー 板締め絞り・雪花絞り -  

とても、ステキな写真を撮って頂き
とっても素敵に紹介いただいきました。

身を引き締めて^^準備いたしますね。

以前から憧れだった 雪花絞り を染め始めてまだ日の浅い私が WS など
良い?のだろうか?と不安もありますが。

皆samaと一緒に

藍の不思議さ

にじんだ色の濃淡の美しさ

など、共有しご一緒に楽しい時間が過ごせたらと願っております。
精いっぱいがんばりますね・・・・
笑顔で楽しい時間が過ごせればと思います。
よろしくお願いいたします。



下記↓  matka  さんからの添付になります。



   草木染めあそび ー板締め絞り・雪花絞りー

.
   記憶は曖昧なのですが、国語の教科書に載っていた一文が心の奥深いところに刻まれています。

   大岡信さんの「言葉の力」。
    染織家の志村ふくみさんが桜の「樹皮」からきれいな薄桜色を染める。
    粉雪の舞う京都嵯峨小倉山の麓で切られた桜の枝で、匂い立つような桜色が染まった、という話。
    春を迎えるために花を咲かせる準備をしていた小倉山の桜の精を、
   「花を咲かせる前にわたしがいただいてしまったのだ」と、彼女は観想する。

   桜の"精"をいただいた。
  命の中にある、形として取出すことはできないけれど、そこに必ず存在している"精"。
   草木染めは、その"精"を色としてこの世に現す方法なのだと思うのです。

   毎年々々この季節になると、このゴツゴツとした木肌から桜色をとりだしたいと思いながら大人になりました。
    何年か前にとあるご縁から出会った友人は、同じ文章を心に抱いて同じように年齢を重ねていました。
   そんな友人とはじめた草木染めの会、暫くお休みをいただいておりましたが、
   不定期でmatkaで開催してゆくこととなりました。

   はじめての草木染めあそびは、夏の強いお陽様が大好きな藍の葉から、雪の花を染めてゆきましょう。


   草木染めあそび ー板締め絞り・雪花絞り

   夏の間に収穫した藍の乾燥葉から薄縹色(水色)を取出します。
    有松・鳴海絞りによくみられる、板で布を締めて絞る板締め絞りの技法を使い、
   雪花絞りの手拭いをそめましょう。
   畳んだ布を浸す場所、時間を変えて様々な模様を染め分けることができます。
   ご希望の方にはワークショップ後のランチプレートをお付けする事もできますので、
   ゆっくりとした1日をお過ごしください。

   日 程 3月7日(土) 11:00〜13:00  
    講 師 草木染め 和mi
   定 員 8名 
    受講料 3,800円(ランチ付き4,600円)
    持ち物 ゴム手袋

   *汚れても良い服装でおでかけください。

   お申込みはmatkaまでE-MAIL、TELにてお願いいたします。
   info@matka122.com
    027-386-2428



ご興味を持っていただけた方いらっしゃいましたら、ぜひ matka sanまで申し込みください。

昨日から3月1日まで matka san では、『 赤木明登うるし展 』 が開催されています。
雑誌でも、よくお見かけする 赤木sanのうつわ。
群馬での 個展ははじめてになるとか・・間近で見られるなんて、夢のようですね。

お時間会う方、ぜひお出掛けください。
私も!行きたい!ナ・・

夏に染めた雪花絞りの手ぬぐい。
コレハ!1番の傑作!デス。   液に入れる時間などによりさまざまな表情が出てきます。
どんな花がWS当日に 咲くのか?楽しみです。
aitenugui-2.jpg



そして、最後に、出番を待つ三角達。
たくさんの三角を 家具工房 DeepBreath さんに切り出していただきました。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

category:

tb: 0   cm: 2

和mi の 藍染め  

改めまして、私の  『藍』  no 紹介

藍のWS参加して下さる方・・・よろしかったらお読みください。



私の藍色。浅葱色。

自家栽培 藍草 乾燥葉染   です。


冬の今、我が家にある藍は、こんな状態。。。
春に蒔く種と。乾燥葉。
大切に大切に保管しています。



私にとって、やはり・・藍は特別な色。大事な色です。
ムスコの七五三の着物を作ってあげたい!藍で染めてあげたい!
から・・・始まった私の藍染が
今は・・・こんなに私に出会いを与えてくれるという事に感謝ですね。

藍草は一年草。
毎年毎年種を蒔いてあげないと、育たないのです。
春に種を蒔きお山では霜が降りなくなるまではハウスで過ごします。
定植、水やり、草むしり、草むしり、太陽とお水が大好き。
太陽の光をたくさんあびる季節夏!になると!染まる葉になります!


染まりそうな大きく青々とした葉!



藍の色素は葉が持っているので、採取してきたら、
葉と茎に分けます。
葉のみを乾燥させておくのです。
山盛りだった葉も乾燥させると・・・シュッと小さくなってしまいます。
藍の色素を持っている葉は、藍な色に乾燥します。
真夏の日差しでしたら・・・・1日でほぼ乾燥し、2・3日乾燥させます。

それを、紙袋に入れて保管しておきます。

1度、刈り取った藍は夏の日差しに力をもらって、また大きくなります。
お日samaの力です。
9月頃、2度目の刈り取り。
この時、種採り用に刈り取らずに少し元気な所を^^残しておくのです~

命の循環です。
9月末から10月花が咲きます。11月頃、茶色になり、種になったモノを採取しておきます。



1年かけて、育てた太陽の力たっぷりの藍草で、
私の藍染は色をいただいています。

でも。。。発酵させて色を抽出する藍建てと違い
私の藍染は乾燥葉染です。
乾燥葉染では・・・・浅葱色までしか・・・染まりません。

いつか・・・・藍建てができる環境が欲しいな・・・と夢見ます。

category:

tb: 0   cm: 0

やっぱり不思議な草木染め  

まだまだ寒いお山ですが、春に向けてストールを染め始めました。

ピンクは冬の色。寒さに耐えながら春に花咲かせようと精を蓄えている幹からは。。。
ピンクが出てきます。
春に花咲かせる樹木 桜・梅・桃・ぼけ・などなど・・・

春に・・・なると悩ませれる方多いと思いますが・・・花粉症・・・・
杉もこの時期花を咲かせます。
花粉症のちょっと前!と覚えていたのに・・・・
今年は違いました。。。。。。



今年の杉染めです。
上2枚がアルミ媒染   ・   下2枚が銅媒染

黄色・・・オレンジ・・・
以前は・・こんなにピンクだったのに・・・ホント不思議ですね・・・・

mini_110125_13020001.jpg

土とか?気候とか?私が立ち入れない所が・・・
色に変化を与えているのカナ?

今まで、採っていた杉の木の枝・・・・
下の方の枝・・私が全部?採ってしまった?為・・・
もう・・・採れなかったのです・・・・
だって谷間に落ちちゃいそうで・・怖い・・・

でも・・・この杉の木で無いと・・・ピンクに染まらないのカナ?

あ、あ、残念・・・・・

category: 草木染。

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

Twitter

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。